ふるさとりの寝不足ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「トラップ」 〜可能性の多さ〜

<<   作成日時 : 2016/11/20 03:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 GEOでは様々な映画が80円で借りられるので私は名作もB級もどんどん借りています。そのなかで最近借りてきた映画で面白いものがあったので紹介したいと思います。

画像


 「トラップ」  監督 ヤニック・セレ

 主人公デニスたちの部隊は戦地から基地へ帰還する際通った砂漠で襲撃を受けた。そしてデニスともう一人を隊員ムラートを残し、壊滅的な被害を受ける。その後、デニスたちはヘロインの山を見つけ、ムラートがそれを持ち帰ろうとする。デニスがそれを止めようとムラートに近づいた瞬間、足元から何かを踏んだ感触が……。デニスが足元を見てみると、そこには地雷が埋まっていた……
(デニスたちはFAMASを持っていたのでフランス軍か外人部隊かなと思います。)

映画を見る人へのアドバイス。
この映画はただ見るのではなく、これから起きる展開を予想しながら見るのが良いと思います。あとはある程度の事は許容する広い心で見ましょう。←逆言えば許容する心が無いと(ry
あと、FAMASが好きな人も見るといいかもしれません。(FAMASがACOG+銃剣とほかの映画ではなかなか見れない装備なので)。

 ここから先はネタバレを含みます。映画を鑑賞された方、ネタバレでも大丈夫と言う方は引き続きご覧ください。

 
 地雷を踏んだことをチャンスだと思ったムラートがヘロインを回収しようとするのですが、ムラートが狙撃されます。デニスは地雷から足を離さないよう注意しながら応戦し、狙撃手を倒します(その時、腕に被弾し貫通します)。その後ムラートが起きますが、ヘロインを回収しようとしてデニスと口論になり、デニスを殺そうとします。そしてデニスに射殺されます
 
 デニスがトラックの方に目を向けるとどうやらヘロイン以外にも女性の捕虜が乗っているようです。とりあえず自力で傷口に包帯を巻きます。地獄の暑さに耐えていると沢山の女性がやってきてヘロインを持っていきます。デニスは女性たちの中にいた少年を引き留め、ムラートが持っていた携帯を少年に持ってこさせます。無線や携帯を使い基地と連絡し合い、地雷の解除方法を突き止めますが、処理には二人ほど人が必要なようです。デニスは少年に女性を解放するよう頼みますが少年は首を振り、拒否します。仕方ないので少年を解放しました。
 
 昼とは打って変わり、今度は極寒の寒さがデニスを襲います。疲労と眠気に闘いつつも捕虜の女性を励ましつつ頑張ります。そして夜が明けますが、疲れ切ったデニスは自殺しようとします。(個人的な意見ですが、友軍を殺したり仲間を見捨てたりしていたので、それも要因かなと思います。)ですが、捕虜の女性が目を覚まし呻きだしたので、デニスはFAMAS(銃)から弾丸を抜いて女性を励まします。無線であと20分で助けが来ると連絡が入ります。デニスは一安心しましたが、遠くからジープがやってきました。ジープから降りてきたのはAKを持った敵でした。敵は捕虜の女性を引っ張り、デニスの前まで来ます。敵はデニスが地雷を踏んでいる事に気付いておらず、敵が女性の方に向いた瞬間、デニスが敵の首を絞めます。女性がジープのところまで走ったところを見送ると、デニスは力を抜いて後ろへ倒れこみます。その瞬間、地雷が作動しドカン! スタッフロールが流れ始めて映画は終了します。

 この映画は「可能性」をたくさん詰め込んでいる作品だと思います。例えば、デニスがヘロインを持ち帰ろうとするムラートに目を瞑っていれば爆弾を処理できたかもしれない。また、ヘロインを回収する女性たちが捕虜を連れ出していたら内容は変わっていたと思います。先ほども述べましたが、この映画はただ見るのではなく、これから起きる展開を予想しながら見るのが良いと思います。

 個人的なツッコミ 
 
 よく見てみると、主人公はケガした右手をなんも不自由なく使っているんですよね…… 
 あと夜では砂漠なのにサイリウム(さっさと言えば光る棒)を使っていたり(敵に狙撃される可能性があるため)…… まぁ、敵に追われているのに焚火をしながら話をしている映画よりは……
 あるレビューにて「ジープの敵が1人なのはおかしい」と書いてありましたがテロリストも人が少なかったんでしょうねと無理やり理解すれば納得いくかもしれません。ですが、無理やり考えさせないようにするのが名監督なのでしょうね……
 あとは、終わり方に不満を持った方も多いと思いますが、終わりはあれでよかったと思います。後日談を撮影しようとすると結構な量になるかと思います(デニスの家族 捕虜の女性 ヘロインがあった事実 粉々になったデニス)。

 まあ、変わった趣向の映画でしたので、個人的には結構楽しめた作品だと思います。では今回のレビューはここまでにします。

 PS 私は映画などの作品には★何個とは付けません。このレビューはあくまでも「こういう考え(映画)があるんだな〜」と思ってほしいため作ったので……見たいか見たくないかは皆さんのご判断に任せます。

↓ 映画とデニス達が使っていた銃を買いたいと思った方はこちらからどうぞ


トラップ [DVD]
アルバトロス
2015-04-03
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by トラップ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「トラップ」 〜可能性の多さ〜 ふるさとりの寝不足ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる