ふるさとりの寝不足ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS PSP-3000を直してみた(かった)

<<   作成日時 : 2017/04/07 01:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 管理人が5年くらい倒していたPSP(プレイステーションポータブル)-3000がおかしくなりました。症状としては

1.バッテリーがうまく入らない→ちょっとの衝撃でバッテリーが外れる
2.UMDを入れたまま起動できない
3.UMDを読み込まない
などの症状が出ました……

 そこで分解して原因を調べてみたところ、以下の結果に繋がりました。
 1 バッテリーケースの破損(ツメの破損)
 2、3読み取り機の故障
と上記の結果に達しました。さらにフレームもかなり傷ついていたので、丸ごと交換することにしました。

画像


上のPSPが管理人が今まで使っていたものです……一部黒いボタンがありますよね…………。これは以前〇ボタンが潰れてしまい、その際に交換した注文した黒い〇ボタンです。(ちなみにフレームが傷ついた原因は管理人の雑な分解作業も含まれていた模様(;´∀`)

 それはさておき、某オークションサイトでジャンクPSPを取り寄せました。

画像


※画像の一部を加工しました 

 PSP-3000 ピアノブラックです。箱、充電器、バッテリー、説明書、本体がまるまる付いてきました。では各パーツの状態を見て見ましょう。

画像


 充電器は埃だらけでしたが正常に作動しました。余談ですがPSPの充電器は一部のビデオカメラの充電にも使えるので意外と重宝します(笑) ※写真には写ってませんが、コンセントにつなぐケーブルもありました。

画像


 バッテリー(右側)です。一見、普通のように見えますが……

画像


 パンパンに膨らんでましたΣ(´∀`;) 試しに使用しましたが、反応しませんでした。……怖いので後日、廃棄します。



 では、届いて約10分程度ですが、早速分解しました。このPSP-3000は前期生産型で、無線LANのコードがありました。(後期生産型には無線LANのコードは無い) 私が組み込むPSPは後期生産型なので無線LANのコードは必要ありません。ですので切ることにしました。

画像


 赤丸の部分が無線LANのコードです。後期生産型の基盤を組み込む際の邪魔になるので切りました。



画像


※画像を一部加工しました。

 これで完成で〜す(´ω`) ……赤いボタンが目立ちますね…………(笑)
では早速ゲームをプレイ……と思いましたがLRボタンが効かない(;´・ω・) 再び原因を調べるため分解したところ、どうやらフレキシブルケーブルが壊れている模様。どうやらこれを外す際に線を傷つけてしまった模様……

↓フレキシブルケーブルです。L側が壊れてました……
画像


 仕方がないのでもう一個のフレキシブルケーブルを……と思いましたが、こちらのフレキシブルケーブルも壊れていたようで、PSPの画面があっちこっちへ移動します(゚Д゚;)

 ……今回の修理は失敗しました orz

……と言うわけで、後日フレキシブルケーブルを購入したら組み込んでみたいと思います…………

to be contineu……

↓PSPと修理パーツです。PSPを復活させたい方はこちらからどうぞ







PSP3000 フレキシブルケーブル 3点セット
激安なんでも屋

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by PSP3000 フレキシブルケーブル 3点セット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
PSP-3000を直してみた(かった) ふるさとりの寝不足ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる