ふるさとりの寝不足ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS バッテリーを直してみた (メーカー不明バッテリー修理)

<<   作成日時 : 2017/04/15 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2017年の正月にリサイクルショップで動作未確認+メーカー不明、訳有りジャンクで500円のバッテリーを購入しました。

画像


 電動ガンに使用してみたところ予想通り反応ナシ……と思ったら急に動作しました。バッテリーを触ってみると一番端のバッテリーが通常ではありえないくらい熱くなっていたので、修理することにしました。

 最初にメーカー不明と書いておりましたが、後で調べてみるとイーグル模型さんのIntellectと言うバッテリーだと分かりました。

・メーカー イーグル模型
・バッテリー名 Intellect 
・スペック 8.4V 1600mA
・特徴としては電流の強さがマルイ製のニッケル水素バッテリーより300mA高い所でしょうか。ほぼ同サイズですが容量はこちらの方が大きいです。

 最初に考えられた問題は通電不良が原因と思い、早速バッテリーの修理のためにはんだごてと100均のはんだをさっそく用意しました。

画像


 まずはバッテリーを覆っていたフィルム等をカッターで外します。次にはんだごてとはんだを用いて通電不良らしき部分にはんだを付けます。

画像


 ここで注意したいのは温度です。バッテリーの種類にもよりますが、熱くなりすぎると機能の低下、通電不良、最悪の場合には発火・爆発などという事があるので、できるだけ素早く作業をしましょう。

 これで修理完了……かと思いきや、電動ガンで使用したところ、はんだを付ける前と変わらず熱くなりました。
 
 もしや通電不良ではなくバッテリー自体が不調なのでは、と思いバッテリーの一部を切り離し乾電池テスターで調べてみました。

画像


 うんともすんとも言いませんでした。……多分この部分が通電不良になっており、熱くならないと通電しないのでしょう。そこで、このバッテリーを外し問題ないバッテリーを繋ぐことにしました。

画像


 通電しないバッテリーををペンチで取り除きます。(この後、はんだ付けしやすいように残ったバッテリーをビニテで固定します)

画像


 そしてホームセンターで購入した太い銅線をバッテリーにはんだ付けします。(細い銅線だと熱くなる可能性があるので太い銅線を使用します)

画像


 最後にビニテでグルグル巻きにしたら完成です。(雑な巻き方ですみません(;´・ω・))

 早速電動ガンに使用しました。バッテリーを一つ減らしたのでパワーの低下が気になりますが……バリバリバリっと問題なく撃てました(/・ω・)/ 充電もばっちりできます! ただ、東京マルイのバッテリーと比べると放電の速度が速く、ちょくちょく充電しないと行けない様です……(;´∀`)

 皆さんも調子悪いバッテリーがありましたら、この修理方法を試してみてはどうでしょうか?

↓電動ガンに必須のバッテリーと今回使った修理道具です。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バッテリーを直してみた (メーカー不明バッテリー修理) ふるさとりの寝不足ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる