ふるさとりの寝不足ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS エアソフトガンレビュー 「長モノ(?)チープガン」

<<   作成日時 : 2017/03/22 00:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2017年3月現在、部屋の掃除をしていたら去年の夏ごろに入手したチープガンやカスタムガンが出てきました。今回は趣を変えてこのチープガンをレビューしてみたいと思います。

※大きさ比較としてP226を近くにおいて撮影しています。

1.KG9(TEC9)風エアーコッキングガン MR-788 

画像


・購入価格 リサイクルショップで300円 ×2 購入
・スペック 18禁(多分) HOP無し(改造後に輪ゴムでHOP機能を付けました) 飛距離?m(ホップが強すぎて測定不能 3/22 追記) バネ・ネジ以外オールプラ ポンプアクション
 このエアガンはポンプアクションタイプのエアーコッキングガンで、元の銃はTEC社が開発したKG9と言うサブマシンガンです。
 特徴としてはモナカ式の18mmのRIS(レイル・インターフェイス・システム)が付いていることです。このレイルを外すと、KG9がそのまま出てきます。ちなみにコッキングレバーのネジ(+)を外し、フロントサイトのネジとパーツを外せばハンドガードも外すことも可能です。(その場合コッキングがきつくなり、外観も悪くなるためオススメしません)
 マガジンキャッチはレバー式です。乱暴に扱うと簡単に壊れるので注意が必要(このチープガン以外にも言えることですが……)です。またトリガー付近にはセフティもあります。Sでセフティが掛かり、Fでトリガーを引くことが可能になります。マガジン挿入口付近には「MR-788」「威尓汽弾枪(ウィルの弾丸銃)」と中国語で書かれていました。(正しい翻訳ができませんでした。どなたか教えていただけると幸いです)
 空撃ち防止のためか、デコッキングができません。ただし、分解しパーツを抜くとデコッキングが可能になりますがコッキングレバーの負担が大きくなり壊れやすくなるそうです。
 マガジンは自重では落下しないので引き抜く必要があります。弾丸の装填方法はフォロワーを下げ、下げ切った状態で横から弾丸を入れます。このマガジンですがBB弾をとめるストッパーの構造が悪く、すぐ壊れてしまいました。修復はほぼ不可能です。さらに分解もほぼ不可能です。

↓図解 左 箱出しの状態 右 数発撃ち続けた後

画像


・その他 購入直後の内部の状態は悪く、グリスがたっぷりと塗られていました。また、激しいアクションや衝撃を加えると簡単に壊れます。ただし空撃ち程度なら大丈夫そうです。セットには本体以外ドットサイト・ライトが付属していましたが、どちらともボタン電池の液漏れやレイル部分の破損で使えなくなりました。

・カスタム内容 オーバーホール 輪ゴムHOP

感想 購入後ネットで検索してみましたが、同メーカーでは発売していない様です。2017年3月現在はアカデミー社がKG9を出しているようです。

2.M4A1風エアーコッキングガン NO.971

↓ハイダー無し サイト、起き上がっている状態

画像


↓ハイダーあり サイト、倒れている状態

画像


・購入価格 0円(お祭りのゴミ拾いの最中、見つけたので自主回収(笑)
・スペック 18禁(多分) HOP無し(改造後に輪ゴムでHOP機能を付けました) 飛距離20m バネ・ネジ以外オールプラ 黄金塗装(後に黒塗装)
 このエアガンの元のM4A1はコルト社が作ったアサルトライフルです。特筆すべきは大きさでしょうか。東京マルイから発売されているBoysシリーズのM4A1よりも小さいです。
 コッキング方式は東京マルイXM177E2エアコキと同じようにチャージングハンドルを引くことにより、弾丸が装填され発射可能になります。コッキングはチャージングハンドルの小ささ、バネの固さにより引きにくいです。さらにコッキングレバーの厚みが無いので変に力を掛けると折れてしまいそうです。デコッキングは可能ですが、折れないか不安です。
 ハンドガードはRISをイメージしており、上下に18mmレイルが付いています。横のレイルはなんちゃってレイルなので使用不可です。ちなみにレバータイプ(QDレバー類)のアタッチメントや下のネジで固定するフォアグリップは難なく取り付けられますが、ネジ式のアタッチメントはレイルを少し削らないと取り付けが難しいようです。
 セフティはダミーで稼働しませんが、フロントサイト・リアサイトはフリップアップ式でレイルの上にサイトを乗っけても邪魔になりません。ただ中華製なのでグラつくどころか発射時や移動中の振動で勝手に倒れます。ハイダーも付いていましたが固定する箇所が無く、遊んでいる内にポロリと取れました。ストックは動きません。
 マガジンキャッチは実銃と同じ場所にあります。押すと自重でマガジンが落下しますが、個体によっては落ちない場合もあると思います。マガジンキャッチの反対側にはLD NO.971 MADE IN CHINAと刻印があります。(LDの意味を検索してみましたが、分かりませんでした……)
 マガジンはスプリングタイプです。弾丸の装填方法はフォロワーを下げ、溝に固定させます。そして上部にあるボタンを押しながらBB弾を流し込みます。(BB弾が零れるのを防止するためにマガジンにストッパーがあり、それを解除するのがこのボタンです)BB弾の装填が完了したらボタンから手を離しフォロワーを元の場所に戻します。これで装填完了です。

・試射感想 音は大きいですがまっすぐ0.2gBB弾ですと、あまり飛びません。多分シリンダーとパッキンの隙間から空気が漏れてパワーを発揮できていない様です。

・その他 内部の状態は悪く、これもグリスがたっぷりと塗られていました。また、空撃ち程度なら壊れなさそうですが、落としたら部品がポッキリと折れるのはほぼ確実です。拾った直後は黄金塗装でレイル上部にはピカピカ光る謎のドットサイトもどきが付属していました。また、下部レイルには(18mm仕様(?)の)G&Pのフォアグリップを付けました。

・カスタム内容 オーバーホール 輪ゴムHOP レイル加工 フォアグリップ取り付け 100均スプレーで黒塗装

3.CX4風エアーコッキングガン M-199

画像


・購入価格 (たしか)100円 某リサイクルショップのフリーマーケットゾーンで購入
・スペック 10禁(多分) HOP無し(改造後に輪ゴムでHOP機能を付けました) 飛距離?m(内部が損傷したため発射不可能に 3/22追記) バネ・ネジ以外オールプラ 本体リザーブタンク式 ポンプアクション

 このエアガンの元のCX4はベレッタ社が作った拳銃弾を使用するカービンライフルです。プラスチックパーツが弱いせいか、分解した後にネジの締まりが悪くなったので、ビニールテープで固定しています。(どこぞの自動小銃みたい……)
 コッキング方式はグリップを手前に引くと、リザーブタンクから弾丸が装填され発射可能になります。コッキングはかなりしやすいです。デコッキングも比較的簡単です。ですが、グリップを引ききったら、手動で元の場所に戻さないといけないです。
 グリップは手にフィットするような大きさで、さらに手の指に合わせて溝があるので握りやすいです。
 レイルは上部に18mmレイルがあり、18mmレイル対応のサイトを乗せられそうです。個人的には、モナカ構造+プラスチックがヤワです。そのためサイトはネジの代わりになるので乗せておいた方がいいでしょう(笑)。左側の短いレイルがついている部分は(なぜか)元々ネジ穴しかなく、他のチープガンのレイル(の残骸)からネジで無理やりくっつけました。無理やり付けたのでグラグラします。ちなみに取り付けたレイルの近くに「M-199 MADE IN CHINA」と刻印がありました。
 弾丸の装填方法は本体リザーブタンク式で、リアサイトをスライドさせるとBB弾を流し込む穴が現れます。

↓本体リザーブタンク式のざっとした図解

画像


 セフティはありません。マガジン、マガジンキャッチボタンはダミーです。
 フロントサイト・リアサイトはとてもですが使い物になりません。まず、フロントサイトですがリアサイトのような凹があるだけなので非常に狙いずらいです。さらにこのチープガンは上記に記載したようにBB弾を入れる穴がリアサイト部分をスライドさせると現れる仕組みなのでリアサイトの固定が出来ず、コッキングするたびリアサイトがズレていきます。また、本体リザーブタンク式の構造上、弾丸が自重で落下せず空撃ちになる場合があります。その際には軽く本体を振って弾丸を装填させましょう。
 プラスチックが非常にヤワなので空撃ちすると内部が破損します。(管理人も空撃ちしたところ内部が破損したらしくプラスチックの破片がバレルから落ちてきました(;´・ω・))。また数回分解するとネジの固定が甘くなるので注意です。
 
・試射感想 ホップアップを付けていた状態でもあまり飛びませんでした。また、上記に記載したように空撃ちになる場合も多く、エアガン本体にだいぶダメージを受けたようです……。

・その他 内部の状態は上のチープガンたちと比べたらマシでした。ですが今度は潤滑剤が十分に塗られておらず動きが悪かったです(;´・ω・)。

・カスタム内容 オーバーホール 輪ゴムHOP レイル取り付け ビニール補強(笑)

 
 今回はこの3丁を紹介しましたが如何でしたか? まだ私のカスタムガンやチープガンはまだまだあるのですが、ここでは紹介しきれないので、後々紹介したいと思います。

P.S ちなみに私にとってチープガンは改造の実験体ですね。撃つことを楽しむのではなく、改造し限界まで性能を引き上げることが楽しくてやっています。……ある程度分解に慣れておけばマ〇イなどのエアガンを分解する際、手際よくできるので……(笑)

↓海外製エアーコッキングガンです。興味がわいた方は如何でしょうか?



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エアソフトガンレビュー 「長モノ(?)チープガン」 ふるさとりの寝不足ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる