ふるさとりの寝不足ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS (個人的に)サバゲ初心者は買わない方が良い電動ガン・ガスガン10選

<<   作成日時 : 2018/01/13 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 さて時期は1月(2018年現在)です。この季節はお金が入ったり初売りなどでついついお金を使ってしまいがちですね。割引セールや貯まったお年玉を使い新電動ガンやガスガンを購入すると思いますが、中には初心者には使いにくいガンもあります。今回は管理人が以前、購入したり使ってみたりしたエアガンでサバゲ初心者には向かないなと思ったエアガンを紹介したいと思います。

※注意
 この記事は管理人の独断と経験で書かれており、記載された以外のエアガンを購入し相性が悪くても管理人は一切責任を取りません。また、記載されているエアガンを使用しているユーザーを批判したものではありませんので、この記事を使っての批判はおやめください。

@東京マルイ製 ステアーAUG
 ステアーAUGはヤフオクや中古ショップで1万円台と格安で売られている所をよく見かけます。なので「お試しに〜」と思って購入すると痛い目を見ます(経験談)。

画像

↑管理人が依然所持していたステアーAUGPSSカスタムです。折り畳み式のグリップを取り外しアンダーレイルに換装しています。

その1 フロントが異常に重い
 ステアーAUGはマウント・バレル等のフロント部分が金属製でがっちりしているのですが、構えた際にフロントが重すぎてキチンと構えたつもりでも銃口が下がっていることがありました。それに構え続けると結構疲れます。

その2  カスタム性が低い
 AUGはポン付けできるカスタムパーツが少なく、レイルを増設しないとカスタムパーツが付けれません。また最初からついてあるマウントレイルがありますが、その1に書いたようにフロントが重いので、さらに光学機器を付けたら重くて取り回しが悪くなります。そして、このマウントレイルの溝に変な出っ張りがあるので、光学機器によっては相性が悪く取り付けられない場合もあります。

その3 セレクターが無い
 このAUGはトリガーを引く長さでセミ/フルの切り替えができ、一見便利そうですがこれが曲者。咄嗟にフルオートにしたい場合にトリガーが重くて引ききれずにセミオートになったり、連射する際に力を入れ過ぎてフルオートになったりしたことがありました。さらにメカボックスが独特なので突然セミオートorフルオートしか撃てなくなったという事があります。中古品はその傾向がさらに強いです。

その4 マガジンが……
 ステアーAUGはブルパップライフルなのでマガジンがトリガーよりも後ろにあります。そのためマガジンチェンジをする際に慣れていないと手間取ります。さらにスリングを下げた状態から構えようとすると腕がマガジンに引っかかり上手く構えられないことがしばしば……。

その5 バレルが長い
 ステアーAUGはバレルが長いのでサプレッサーを取り付けると長すぎて変な場所にぶつけることがあります。

・ステアーAUGの良いところ
 フロントが金属性なのでコッキングした時良い音が鳴る。
 中古品は安い。
 比較的ホップアップダイヤルが回しやすい。
 ミニSバッテリーが使える。バッテリー収納がしやすい。

・まとめ
 安いですが結構欠点が目立ちます。コスプレ用にこのエアガンが必須という人以外は手を付けない方がいいと思います。またここには上には記載しませんでしたが分解する際にもろいパーツがある上、メカボをきちんと組み直さないとフルオートしか撃てなくなるという症状が出ることもあるので分解初心者は気を付けましょう。

A東京マルイ P‐90
 マウントレイルモデルではなくダットサイトがついているモデルです。P‐90もかなり安い値段で手に入れることが出来るエアガンだと思います。サバゲ初心者にオススメと書かれていることが多いですが……

画像

↑スリング付きP‐90です。

その1 マガジン
 私がP‐90で一番不満だったのは初期型の多段マガジンです。ジャム対策加工しましたがそれでも連射中にジャム、セミオートでもジャムを繰り返し、ジャムを直そうと叩いたらパーツがポロリ……なんてこともありました。さらにゼンマイが回しにくく、回すだけで結構時間を食います。そしてジャムるとゼンマイが勝手に空回りし、巻き直しなんてことも……。マガジンを買う際はMAG社製の190連マガジンを買った方が確実だと思います。またP‐90のマガジンは長いのが特徴なので専用のマガジンポーチが必要です。

画像

↑管理人はグルーガン+接着剤でジャム対策しましたがそれでもジャムがしばしば……

その2 サイトが使いにくい
 P‐90の最初からついているダットサイトですが、これが使いにくい。上下調整が出来ない上に、ゴーグルをつけた状態で構えると覗きにくい。さらにスイッチが見えない場所にあるので切り忘れて液漏れ……なんてことがありました。さらにP-90にはバックアップサイトという物が付いているのですが、それが折れやすく管理人も左側のバックアップサイトを折ってしまいました。

画像

↑赤丸の部分が管理人が折ってしまったバックアップサイトです。

その3 専用スリングが必要
 P-90にはスリングスイベルがなく、スリングスイベルを拡張するパーツ、もしくは専用のスリングが必要になります。いくらP90が軽いと言ってもスリングが無いと不便です。

その4 ダットサイトを外す際にはホップチャンバーをきちんと入れる事
 これは私の不注意なんですが、P‐90のホップチャンバーを抜き取り、組み上げてフロント部分を持って持ち上げたところ、ストック部分がずり落ち足の親指に直撃し血だらけになりました……分解する際には注意しましょう。

・P-90の良いところ
 軽い。
 コンパクトで取り回しが良い。
 ミニSバッテリーが使える。バッテリーが収納がしやすい。
 薄く四角形に近い形なので持ち運びに便利。

・まとめ
 安く、コンパクトで取り回しも良い。さらに持ち運びやすいので買う際にはP‐90TRを買いましょう。また記述しましたが、多弾マガジンは後期型か190連のマガジンを購入しましょう。

Bフルメタル電動ガン 
 何と言ってもリアルで重厚感があり渋いです。主に海外メーカーが出していることが多く、最近の海外メーカーは質が向上しているので買いたくなる一丁です。またがっちりしているために落としてしまっても壊れにくいのが特徴ですが……

画像

↑管理人が以前所持していたM16A2です。

その1 重さ
 種類にもよりますがなんといってもフルメタル電動ガン最大の難点です。主要部分が金属で出来ているので総重量は結構重くなります。スリングを付けていても肩に食い込みそうなくらい重いものがあるので注意です……

その2 加工のしにくさ
 中級者向けですが、フルメタル電動ガンは金属性なので削る等の加工が手間取る上に、喰いつきの良い塗料を使わないとすぐはがれてしまうので注意です。

・フルメタル電動ガンの良いところ
 剛性がある。
 渋い、重厚感がある。

・まとめ
 フルメタル電動ガンと言っても比較的軽いモデルもあったり、加工しやすい種類もあるなどピンキリです。欲しい電動ガンのレビューや重さを観てから買いましょう。

C東京マルイ次世代電動ガンHK417アーリーバリアント
 初登場時4Kg越えの重さ、長さも90cm超えのエアガンです。またサバリウムコバルトモーターという新しいモーターも搭載しているためセミオートのレスポンスが良いと評判のエアガンです。
 
画像


その1 重さ
 なんといっても重すぎます。フォアグリップ・バイポッドを付けないとまともに運用出来ません。そのために咄嗟に構えられないです。というか普通に構えるだけでも苦痛です。さらに射撃する際には次世代電動ガン特有のリコイルショックで腕が痺れます……

その2 大きさ
 大きさも最大の弱点です。一度室内戦で使ったことがありますが、取り回しが最悪でクリアリングする際も邪魔になります。また(管理人の様に)身長が低い人がスリングを使用すると銃口が地面に付きます。また、マガジンも大きいため専用ポーチが必要になります。

・HK417の良いところ
 命中精度は良い。
 セミオート・フルオートのキレは良く、撃っていて楽しい。
 レイルが多いので拡張性は最高。
 金属性なので剛性は良い

・まとめ
 ワンゲームでスナイパーポジションとして使う分にはよさそうですが、CQBや室内フィールドでの使用は避けた方が良いと思います。これをメインに使うにはおそらくボディービルダーやシュ〇ちゃん並みの筋力が必須です。お値段もお高めなので、他の電動ガンを買ってから購入した方が良いと思います。

DミニSバッテリーの使えないAK系統
 国内でも海外でも人気のあるシリーズ。カスタムパーツも多く、ユーザー数も多い電動ガンです。装備面からみても正規軍から民兵、シューターなど様々な装備にもマッチします。

画像


その1 うなぎバッテリー
 一番の問題は細長いうなぎバッテリーの入れにくさです。結構電動ガンを使っている人でも初めてAKにうなぎバッテリーを入れる時は手間取ります。初心者ならなおさらで、無理やり入れようとしたら断線した……というのがあります。対策としてはショップやうなぎバッテリーに慣れている人に入れ方の手本を見せてもらうとよいでしょう。

その2 AKマガジン
 バッテリーは関係ありませんが、AKマガジンはM4A1などのマガジンとは違い、引っかけてマガジンを挿入タイプなので慣れていないと上手く入りません。(ちなみにこれはAK以外にもSG550シリーズやG3シリーズにも言える事です。)

・ミニSバッテリーが使えないAK系統の良いところ
 種類が多い。
 どんな装備にもマッチする。
 リロードが楽しい。
 
・まとめ
 うなぎバッテリーに慣れましょう。個人的には正しい入れ方とコツさえつかめば簡単な作業になると思います。またマガジンもリロードの練習をしている内に段々と慣れてきます。

E古いガスガン
 古いガスガンと言っても様々ありますが、管理人が持っていたガスガンを参考にしたいと思います。(マルゼンUSP マルゼンM93R マルゼンM11 マルゼンTypeU)。また現在発売されていないモデルも多く、魅力的なガスガンも多いのではないでしょうか?

画像

↑管理人が所持しているマルゼン社製TypeU(MicroUzi)とイングラムM11です。※下のTMPは電動ガンのELEX9です。

その1 経年劣化による各パーツの損傷
 そもそも古いガスガンはほとんどが中古でしか入手できません。そのため経年劣化によるガス漏れやパーツの劣化により正常に動作しないことがあります。また箱出し未開封でも経年劣化によるゴムの劣化などがあるため注意が必要です。

その2 カスタムパーツ、修理パーツが入手しにくい
 古いモデルの為生産終了によりパーツが売り切れたり、そもそもメーカーが潰れてしまっていたりとカスタムパーツや修理パーツが入手しにくいです。そのため現在流通しているパーツを加工したり、一から自作するなどの技術が必要になります。

その3 直し方がわからない
 その2の場合は修理方法が分かっているから良いのですが、古すぎるもしくは流通が少ないガスガンは修理方法がネット上では見つからないことがあります。なので分解すればどうにかなるでしょと軽い気持ちで分解すると取り返しのつかないことに……(経験談)

その4 銃刀法違反になる可能性がある
 一昔前のガスガンはガンガンパワーアップをしていたので現在規定されてる0.98Jを上回った物がある可能性があります。そのため購入する際には弾速チェックするか、自費で弾速計購入しなければいけないので少し面倒です。

その5 命中率、飛距離が低い
 通常通り動作するガスガンでも、経年劣化やホップパッキンの摩耗、そもそもホップシステムが付いていないなどの問題で命中精度や飛距離が低いものがあります。……というか最初から弾丸をばら撒くだけに特化したガスガンもあるので命中精度を上げたい方はカスタムした方がいいと覚えておいてください。

・昔のガスガンの良いところ
 試行錯誤がなされていた時代のガスガンなのでギミックが面白いものがある。
 現在発売されていないモデルのガスガンがある。
 味がある。

・まとめ
 私は昔のガスガンを2〜3丁購入しましたが、ガス漏れ、ジャンク、経年劣化によるパーツの破損などが結構ありました。そのため購入するのはカスタマイズや修理などが出来るようになってからの方がいいと思います。

F固定スライドガスガン
 静かでブローバックしないガスガン。ガスの充填は本体にするタイプとマガジンにするタイプがあります。ガスガンとしては比較的季節に影響されにくいです。昔は固定ガスガンが主流だったのですが……
 
画像

↑管理人が以前所持していたマルイ製ノンホップタイプのハードボーラーです。スライドを黒に塗装しています。

その1 トリガーが重いガスガンが多い
 固定スライドガスガンのほとんどはハンマーがガスバルブを叩き、それによりガス放出され弾丸が発射される機構がほとんどです。そのせいかトリガーが重く、連射していると疲れます。例外としてナガノ社製のガスガンがありますがパワーは10禁程度でジャムをよく起こしていました。

その2 割りばしマガジンが多い
 割りばしマガジンとは10禁電動ブローバックガンの様な細長いマガジンの事です。一昔前のモデルによく見られます。細長いので沢山携行出来て便利だと思いますが、ストッパーが弱い+脆いので移動中に弾丸がマガジンからばら撒かれることもしばしば……それに見栄えが良くないですし、落としたら見つけるのは困難になります。さらにマガジンを交換する際には全手動で交換しなければならないうえ、挿入する際にストッパーに触れて弾丸が勝手に放出されることもしばしば……

その3 ホップアップが付いていないモデルがある
 東京マルイのMK23やSUSで発売されている固定スライドガスガンにはホップアップが搭載されていますが、一昔前の固定ガスガンはホップアップが付いていないモデルが多かったため飛距離が低いものが多いです。改造すれば輪ゴムなどでホップアップを付けることも可能ですが、道具をそろえないといけないのが難点です。それにEで記載したようにホップアップが搭載されていないモデルは古いモデルなので、そもそも分解方法が分からないことが……

その4 MK23は合うホルスターが無い
 これは東京マルイのMK23フルセット限定の話ですが、LAM+サプレッサーを付けたMK23が入るホルスターがあまり無いです。せっかくメタルギアのスネークや雷電に憧れて買ったのにフルカスタムが入るホルスターが無いのは残念です。また上記に書いたように連射がしにくいのでメインウェポンとして使うのは少し難しい気がします……

画像

↑管理人が所持しているMK23(エアコキ)です。LAMを付けるとホルスターに入りません(;´・ω・)。

・固定スライドガスガンの良いところ
 消音性が高い。作動音があまりしない。
 ブローバックしないので手がブレない。(連射すると力加減で手がブレる可能性アリ)
 比較的安い商品が多い。(3000〜12000円程度)
 季節にあまり影響されにくい。
 ガスバルブをハンマーが叩いて発射するため、発射機構がリアルと言えばリアル。

・まとめ 
 トリガーが重く古いモデルが多いですが、やはり消音性と冬場でも比較的動作するのは心強いと思います。買う場合には割りばしマガジンではないマガジンでホップアップが付いた最新モデルを買うのが良いと思います。

Gガバメント系統のガスガン
 登場から100年以上たっても世界中で使われている銃がベースのガスガンは多い。ほとんどの装備に似合い、カスタムパーツも豊富なガスガンだが……

画像


その1 薄いマガジン
 ガバメントは薄いマガジンなので冷えにとても弱いです。何発か連射しているとマガジンが直ぐに冷え生ガスを放出することが多かったです。きちんと温めてから使えば撃ち切ることは可能ですが、冬場は温めても直ぐ生ガスを放出するので注意です。

その2 握りにくいグリップ(個人差アリ)
 ガバメントは45口径を発射する拳銃の為、グリップが太いです。そのため個人差にもよりますがグリップが握りにくいです。その代わりカスタムパーツが多いのでグリップが気に入らなかったら交換しましょう。管理人はぐり子さんのグリップがオススm(ry

・ガバメント系統のガスガンの良いところ
 カスタムパーツが豊富。
 マガジンが薄いので対応するマガジンポーチが多い。
 どんな装備にも似合う。

・まとめ 
 夏場は快適に使えますが、春・秋・冬に使う際にはしっかりとマガジンを温めておきましょう。グリップを太いと感じるならば、薄いものに交換すればある程度マシになると思います。個人的には上の二つさえ不満が無ければサバゲ初心者でもカスタム初心者でもお勧めできる一丁です。

Hショットガン・スナイパーライフル
 撃った後のコッキングが楽しいショットガン、ジッと待って一撃必殺を狙うスナイパーライフル。どちらも映画やTVアニメで大活躍する銃だがサバゲーでは……

画像


その1 コッキング
 ショットガンやスナイパーライフルのほとんどはエアーコッキング式で射撃するたびにコッキングしなければいけません。相手が気付いていないならまだしも、電動ガンと対峙していたり囲まれた場合に慣れていないと応戦できない事があります。またエアーコッキングショットガンはバネの力が強いので連続でコッキングするのはきついと思います。ボルトアクションスナイパーライフルの場合はコッキングレバーを引き、戻す動作をするのですが慣れていないとキチンとコッキングできていなくて発射できないなんてことも……

その2 大きさ
 ほとんどのショットガンやスナイパーライフルは大きいので取り回しが悪いです。また腕が短い人は構えるだけでもきつかったり、ショットガンをコッキングする際に力が入りづらかったりします。ただ、銃身を短くしたりストックを外せば取り回しが良くなりますがショートバレルにするカスタムパーツが高かったり、ストックを取り除いたことにより新たな問題が発生したりします。

その3 照準
 ショットガンの場合、照準が付いていなかったりフロントサイトのみに照準が付いていることがあります。「弾丸をばら撒くからいいじゃない」と思っている人もいるかもしれませんが、コッキングした直後に狙いを付けようとするとブレます。照準がなければなおさらブレます。また多数の弾丸を同時発射するショットガンは少なく一発しか撃てない物が多いです(それは散弾銃じゃないと思う人もいると思うが世の中にはスラッグ弾という物があってだな(ry。またストックを取り外したモデルもありますが、これも構えた際にブレます。しかも一発しか撃てないショットガンは命中率が致命的に低いです。スナイパーライフルの場合はスコープを取り付ける人が殆どだと思いますが、スコープも慣れないと標的に照準が合わせづらくなるうえ重くなるので注意です。その場合、最初はアイアンサイトや倍率が無い光学機器などを使ってみるのも手です。

・ショットガンやスナイパーライフルの良いところ
 ロマンがある。
 相手をヒットさせられた時の快感が凄い。
 使いこなせればトリッキーな戦術が行える。
 
・まとめ
 管理人はスナイパーライフルを2〜3回、ショットガンを3〜4回ゲームで使用しましたが立ち回り方を覚えないとすぐやられてしまいます。そのため最初は購入せず、数回サバゲをやってみてある程度立ち回りを覚えたところでスナイパーやショットガンナーを目指すのが良いと思います。またショットガンでストックが無いモデルはスリングをストック替わりにしたり、照準が無いショットガンはVSR等のフロントサイトを移植したりするなどして運用するのが良いかと思います。

I古い電動ガン
 電動ガンは東京マルイが1991年にノンホップFAMASを出し、今ではサバゲの主流になっている種類のエアガンです。ガスガンやエアーコッキングが主流だった当時はバッテリーで動く電動ガンは衝撃的だったと思います。※ここでの『古い電動ガン』の定義は2005年以前に発売され、使用された中古電動ガンとします。

画像

↑以前紹介したXM177E2(エアコキ)です。管理人は電動ガンのXM177E2も所持していたことがあります。

その1 ホップが付いていないモデルがある
 上記の通り初期の電動ガンにはホップアップが付いておらず、ホップアップモデルと比べたら飛距離はかなり低いです。見分ける方法としてはホップ調整のダイヤルやネジがない事やアルミ製のバレルだった場合はホップが付いていないことがあります。

その2 各パーツが経年劣化している場合がある
 初期の電動ガンはプラスチックが多用されており、長年使われたせいで劣化している場合があります。また全く手入れされていなかった場合はパッキンが弱りホップが掛からない事や、パーツが壊れていることもあります。

その3 パーツが古い
 初期の電動ガンはEG560、EG700というモーターを使用しているので今現在主流のEG1000と比べると連射性能が低いです。またEG560はEG700、EG1000と大きさが違うのでグリップごと交換しないといけません。またインナーバレルもアルミ製なので(個人的には)傷つきやすく命中精度や飛距離に影響が出ると思います。

その4 修理パーツが入手しにくい
 これは絶版品や初期に出た電動ガンに言える事です。初めに記述したステアーAUG(1996年発売〜現在も発売中)が壊れた際にパーツを注文したのですが、在庫が無くそのまま半年以上待ちましたがパーツが入荷されませんでしたorz。現在発売されている電動ガンですらパーツが手に入らない状態ですから絶版品の電動ガンのパーツの購入は難しいと言えるでしょう。ただしM4A1、M16、MP5、AKなど現在も発売され人気のあるモデルはパーツが入手できないという事は無いと思います。

・古い電動ガンの良いところ
 有名な映画に出演した銃が多い。
 軽い銃が多い。
 持っている人が少ない。

・まとめ
 管理人はステアーAUGやXM177E2(ノンホップVer)を購入したことがありますが、結構修理やカスタムを楽しめた上に、メカボックスやカスタムの練習台になってくれました。また、どこが脆いかを知っていればある程度の対応が可能です。また古い電動ガンの中にはXM177E2、M655、M653などブラックホークダウン、プラトーン、地獄の黙示禄などで出てきた有名な銃がモデルアップされていたり電子3点バーストを搭載したSG550、SG551など変わり種の銃もあるので楽しめると思います。ただ修理する際にはただパーツの入手のしにくさだけは必ず覚えておいて下さい。メカボックス内部なら何とかなりますが、その電動ガン専用のパーツが入手できないことが多々あります。さらに分解方法がネット上で記載されていない電動ガンもあるので注意です。

・総合的なまとめ
 ここに記載したエアガンは筋力を付けたり、立ち回りかたや技術を覚えないと使いこなせない物がほとんどです。逆に言えばある程度筋力があり、立ち回りや技術を覚えれば使いこなせるものが多いです。最初に使いにくいエアガンを選んでしまうと突撃専門(←管理人)になったり、ひどい場合にはサバゲに魅力を感じなくなってしまったりなんてこともあります。そのため最初は使いやすいエアガンを購入し、使ってみることをお勧めします。そして自分と相性がよさそうなエアガンを探してみましょう!

↓管理人が個人的に初心者にオススメの電動ガンM4A1です〜




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(個人的に)サバゲ初心者は買わない方が良い電動ガン・ガスガン10選 ふるさとりの寝不足ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる